PROFILE

作家、中山孝太郎が誕生するまでのルーツを紹介


カレはこうなった

本名上野誠治。ペンネーム中山孝太郎。広島県立広島国泰寺高等学校。法政大学文学部卒。東京大学大学院法学政治学研究科 地方自治法など履修

 

生業は若い時代に東京築地の魚河岸に勤めたのをはじめ、短期に10指にあまる体験をする。文学活動は18歳の頃から傾倒し、以降細々と続いて約50数年が経過した。

 

小説は主には純文学であるが、ノンフィクションもある。

 

過ぎ去った昔、幾多の困難があった。そんな中、短編、中篇の純文学小説を書き続け、日の目を見ない出来そこない作品がたまる。

 

だが、1998年。人間の煩悩あるいは、心の葛藤を描きぬいた僅か「1センチ4ミリ」を争う世界の作品が、第68回コスモス文学新人賞を受賞。作品は「憔悴した点」で、芽生えた。

 

所属団体

日本文藝家協会

日本ペンクラブ